【浅草橋】鳥越神社

蔵前橋通りにある鳥越神社が創建されたのは白雉2年(651年)ことです。

日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀しています。

社伝によると日本武尊が東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源としています。

後、永承年間(1046~52)、奥州の安倍貞任らの乱(前九年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義、義家父子は、名も知らぬ鳥が越えるのを見て浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大明神と名付けました。

以後、神社名には鳥越の名を用いるようになり、このあたりは鳥越の里と呼ばれるようになりました。

天児屋根命は武蔵の国司になった藤原がその祖神として祀ったものとされています。

また、徳川家康を祀っていたいた松平神社(現・蔵前4-16付近)は関東大震災で焼失したため、大正14年に当社に合祀されました。

趣のある鳥居です。新緑がまぶしい。

手水場には神道の文字が。

鳥越神社例大祭は2017年6月10日(土)・11日(日)に開催されます。

鳥越神社の宮神輿は千貫神輿と称し、都内随一の重さを誇っています。

日曜日には、この大神輿を氏子たちが担ぎ、御神輿の列の先頭には、猿田彦(天狗)や手古舞連、子供たちの持つ五色の旗が歩きます。

夕刻、神輿の弓張提灯と町会の高張提灯に火が入ると、祭りは最高潮を迎えます。

この宮入道中は、「鳥越の夜祭り」と言われ、荘厳かつ幻想的です。

鳥越神社

東京都台東区鳥越2-4-1