【蔵前】街の止まり木 角打ちフタバ

センベロとは、1000円でベロベロになるという意味のこと。略してセンベロ。

下町にはもともとセンベロ酒場が数多ありますが、こちらの角打ちフタバもまた然り。

今日は角打ちフタバをご紹介します。

角打ちフタバはもともと酒のフタバとして卸と小売の商いをしていました(現在も続いています)。

まずは現在の社長の英断で店内の一画を改装して小さなカウンターとハイテーブルを置きました。角打ちの始まりです。このときは物販>角打ちのバランスでした。

しかし蔵元さんを呼んでのイベントなど積極的に行なったり、角打ちファンに愛され認知度が上がり角打ちスペースが手狭になったこともあり、2016年夏に大改装しました。なんとお店の2/3を角打ちスペースにしてしまったのです!

そもそもお酒が安い

ハートランド生は380円、ハウスワイン300円、スパークリングワイン400円ですよ。生はきちんと手入れされたサーバーから注がれます。

壁や冷蔵庫の豊富な種類のお酒は全て注文可

店員さんにこれ飲みたいと伝えると用意してくれます。焼酎300円、日本酒500円、ドラフトビールなどは販売価格に+100円などバリエーションもあり、色々なお酒を楽しむことができます。

センベロセットなるものがある

4種類のお酒を楽しめるセットがあります。初めての方はわかりやすくていいかも。

おつまみが豊富

お酒のアテになりそうなおつまみが安価で揃っています。缶詰など温めた方が美味しいものはきちんと温めてくれます。

(↑温めてなおして提供されたサバ缶は250円だったはず)

店員さんは皆さん優しく接客が丁寧です。

角打ちというと男性が多く、なかなか女性は入りづらいという印象がありますが、こちらはまったくそんなことはありません。

住宅とオフィスが混ざり合うエリアにあるので、スーツ姿の方が多いのが特徴です。またおひとり女性の姿もあります。角打ちデビューの方にもおすすめのお店です。

今日は金曜日。仕事が終わったら角打ちで一杯なんていかがですか?

▼店舗情報▼

酒のフタバ

東京都台東区蔵前4-37-4

営業時間:【月~土】17:00~22:00(L.O.21:30)

     ※酒販は11:00~22:00

定休日:日・祝