【浅草】いきいきあじさい祭レポート

6月17日(土)・18日(日)に浅草の長國寺で行われています、『いきいきあじさい祭り』をのぞいてきました。

なかなか季節感のあるイベントだったので紹介します。

長國寺の歴史

寛永7年(1630年)に石田三成の遺子(いし・親の死後残された子供)といわれる、大本山-長國山鷲山寺(しゅぜんじ)第13世・日乾(にちけん)上人によって鳥越町に開山されました。

寛文9年(1669年)には坂本伝衛門氏の後ろだてにより、新吉原の西隣にあたる現在の地(台東区千束)に移転し、今日に至っています。

大正12年の関東大震災、昭和20年の東京大空襲で被災し、昭和24年に本堂を落慶しました。平成4年に新本堂を落慶し、現在に至ります。

いきいきあじさい祭

あじさいの即売や薬膳きゅうり汁のふるまいなどコンテンツは様々あるのですが、一番の目玉は「あじさい図鑑」。これは一見の価値ありですよ。

鉢に植えられたたくさんのあじさいが並んでいます。

正直、初めて見るようなあじさいばかりで、こんなにも種類があることにおどろいたし、どれもとてもきれいに咲いていました。フォトジェニックなあじさいは、たくさんの人が写真撮影していましたよ。

では私もほんの一部ですが、披露したいと思います。

↓つぼみみたいなこちらはヨウラクタマアジサイといいます。これもあじさいなんですね。

地元の方による出店も出ていました。

あじさいを愛で、満足して浅草に向かってみるとひさご通りでもこんなイベントが。

ここはいい撮影スポットですね~。

本日18日(日)は10:00~17:00までとなっていますので、きれいに咲いたあじさいにいやされてみてくださいね。

長國寺

東京都台東区千束3-19-6