【浅草】浅草六区で60余年続く定食屋 水口食堂

もはや観光地化した浅草ですが、いまだに名店・良店はたくさんあります。今日はそんな一軒、水口食堂を紹介します。

店内をのぞくと1階は競馬新聞とにらめっこのご常連と思しき殿方が多数。「2階へどうぞ~」とのことで急階段をのぼり、無事に着席します。席が確保できたらまずはビール。アサヒのお膝元なので普段ビールはアサヒを頼みますが、フォトジェニックな赤星にはかないますまい。

ビールを飲みながら100以上あるというメニューとにらめっこ。きょうはどんなつまみでいきましょうか。やはりまずは水口食堂といったらの、いり豚からスタートです。

豚バラと玉ねぎを炒めただけの至ってシンプルな料理。しかしこのソースが何ともいえずうまいんですよね。ケチャップの甘味あり、赤ワインとかも入ってるのかな?コクがあります。仕上げのカレー粉がベストマッチ。

こちらは手作りのポテサラ。キュウリ・にんじん・ポテトだけのいたってシンプルなポテサラ。とろっとしてて、他ではなかなかお目にかからないポテサラです。

おすすめと書かれていたミックスフライは唐揚げ・あじ・ほたて・コロッケがそろい踏み。これで680円というのだからおどろきです。

ビールが空になったので、レモンサワーをお願いしました。ちょい濃い目なのが呑兵衛にはうれしかったりします。

本日のおすすめのかつお刺し。1個がおっきい。まぐろぶつも人気で注文している人が多かったです。

大好きなぬか漬け。きゅうり、かぶ、なす、たくあん(冬は白菜も)の中から2種類選ぶことができます。

〆はあさりのお味噌汁。水口食堂ではほとんどのメニューがごはんとお味噌汁と漬物がセットになった定食にできるので、私のように呑みながらという使い方もあれば、ランチとして定食を注文している方もいらっしゃいました。

六区にはJRAがあるからね~。競馬中継は必須。

手形は左から三重ノ海・若乃花・北ノ海・輪島。風格がありますな。

ホッピー通りもいいけど、浅草に何度か来られているような方は水口食堂なんかとってもおすすめです。一人だと基本相席になってしまいますけどね。昔から変わらない昭和の雰囲気を味わうことができますよ。

浅草演芸ホールはすごい人だかりになってます。何かのツアーかな。これじゃあ入れないかも。一回ナイツの漫才見てみたいんだよなあ。

▼店舗情報▼

水口食堂

東京都台東区浅草2-4-9

営業時間:平日 10:00~21:30 / 土日祝 9:00~21:30

定休日 : 水曜日