【浅草】ほおづき市レポート

浅草寺の観音功徳日である7月9日から10日に参拝すると、4万6000日分の参拝に相当するとされる「四万六千日」のご縁日にちなんで、毎年ほおずき市が開催されます。

芝の愛宕神社でほおずき市が立ち、「ほおずきの実を水で鵜呑み(丸飲み)すれば、大人は癪(なかなか治らない持病)を切り、子供は虫気(腹の中にいると考えられた虫による腹痛など)を去る」という民間信仰があり、ほおずきを求める人で賑わったそうです。愛宕神社の影響を受けて浅草寺でもほおずき市が立つようになりました。

早速4万6000日分の功徳を受けに、お参りに行きたいと思います。が、なかなか本堂のお賽銭箱までたどりつきません。

こちらは境内から参道を見渡した風景です。正月か!?と思うほどの人ですが、残念ながら今は夏。雨が降らない梅雨。荒川の取水制限が始まったというから、渇水は心配でもあります。

風鈴も販売されています。

屋台も立ち並んでいます。

メニューの表記だって多言語。ちなみに串焼きです。

浅草寺のほおずき市は7月10日(月)まで開催されています。

▼浅草寺▼