モノマチの歩き方

モノマチとは

2011年から始まったモノマチも2017年は第9回となりました。

古くから製造/卸の集積地としての歴史をもつ台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km四方の地域)を歩きながら、「街」と「ものづくり」の魅力に触れることができる3日間のイベントです。

例年多数のモノづくり系企業やショップ、職人、クリエイター、飲食店等が参加し、販売やワークショップの体験をすることができます。

まずはホームページを見てみよう

町中のモノマチ参加店の軒先に公式ガイドブックが無料配布されています。

公式ガイドブックを見ながら当日の歩き方を決めるのもいいですが、モノマチ公式HPにはコラボイベントや事前予約が必要なイベント情報が随時追加されていきます。

2017年5月26日(金)・27日(土)・28日(日)と、台東区南部「カチクラ」と呼ばれるエリアではモノマチというイベントを実施しています。 カチクラエリアは問屋・工房・専門店や若手クリエイターのアトリエやショップが点...

モノマチが近づいてきたら公式HPのチェックをお忘れなく。

モノマチ当日はスタンプラリーにトライしよう

まずはモノマチパスポートを入手しましょう。

 

2017年モノマチナインでは入手箇所は3か所でした。

浅草橋駅……浅草橋駅前ヒューリックビル

新御徒町駅…台東デザイナーズビレッジ

御徒町駅……2k540

設置されている箱に100円を入れてパスポートをもらいます。おつりが出ないので100円を握りしめていきましょう。

モノマチは街歩きよし、ショッピングよし、ワークショップの体験よしの楽しい3日間です。 同時に各所で様々なイベントが展開されています。 そこで第9回となった今年のモノマチナインでも行われたスタンプラリーとマチビンゴを紹介したい...

ワークショップに参加してみよう

モノマチでは沢山のお店でワークショップが行われています。

お気に入りのいつものお店でワークショップに参加するもよし、数社を回って作品が完成するような公式・コラボイベントに参加するもよし、です。

作る楽しみもあり、手元に残る作品はいい思い出にもなります。

2017年5月26日(金)・27日(土)・28日(日)と、台東区南部「カチクラ」と呼ばれるエリアではモノマチというイベントを実施しています。 カチクラエリアは問屋・工房・専門店や若手クリエイターのアトリエやショップが点...

Lunchは予約がおすすめ

ここ最近の東側の盛り上がりもあり、なにもない週末でも様々な飲食店で行列を見かけるようになりました。数年前までこんなことはなかったのに…。

モノマチ期間の5月末は気温が30℃まで上昇する日があります。

お目当てのお店が予約できるようなら、予約がおすすめです。

今年で9回目となったモノマチナインが終了してすっかりモノマチロスです。 モノマチがスタートした当初は春と秋に年2回行われていました。 大きな街歩きのイベントは年に1回になりましたが、年々参加店が増えて規模が大きくなり、街を訪...

2日あれば全範囲制覇も可能

開催は3日間ですが、やはり人が出るのは週末の土日です。

対象エリアが台東区の南部全域でなので、かなり広いです。レンタサイクルもありますが台数が限られているのと、地図を見ながら移動するので、やはり歩くことを前提にした方がいいと思います。

欲張りに2日間で全エリアを制覇するにはどう区切ったら無理なく歩けるかということで、実際に歩いてみました。

赤エリアが浅草橋~蔵前

青エリアが2k540~小島・三筋エリアです。

どちらのエリアも成人女性で17000歩前後で10~11km程度の距離を歩いています。

実はカフェがかなりある

公式ガイドブックは協賛金をはらったお店が掲載されています。イベントとしてモノづくりのお店が中心になるので、飲食店はあまり載っていません(飲食店ももっと載せてほしい)。

大通りだけでなく裏道を入ったところにもコーヒー豆を自家焙煎しているカフェがあったりします。

Googleなどの検索サイトで「蔵前 カフェ」などと検索するとリストが出てきますので、街歩きと共に美味しいコーヒーと出会ってみるのもおすすめです。